FC2ブログ

立証!テルテル坊主効果(その1)

 09, 2016 19:19




立証!テルテル坊主効果(その1)


※今回は、旅館案内が主体となります
 主観での本音記事なのでご了承下さい!


【新穂高温泉 谷旅館①】



GWの前

久し振りの一泊旅行が可能となった

どこに行こうかと凄く悩んだが

Youの仕事の関係で

未の刻の出発なので

遠方へは夕食の時間に間に合わないために

色々と計画してみたが

最後に残ったのは新穂高温泉であった

そこで、憧れの旅館のある部屋を予約しようとすると

週末は何と9月末まで詰まっているとのことだった

その時に浮かんだのが・・・

お知り合いのカップルさんが

「谷旅館」に何回も行かれてるのを思い出した

日帰り入浴不可の混浴風呂がある旅館でもあるため

今回突撃することにした

公表では

土曜日の宿泊料は19,000円以上となっているが

何故か16,000円ということだった

見晴らしの良い一部屋だけが17,000円だった

空いていたため、その部屋を予約した

ネットではかなり高評価の旅館のようだ



天気予報では両日晴れ時々曇りであり

直前まで同様であった

いつもはテルテル坊主を作成してくれるYouだが

今回は何故か忘れられていた(*_*;

このことが、後々問題となる・・・




未の刻に地元を出発するも

カーナビでの到着予定時間は午後9時前となっていた

夕食にありつけない可能性が大である

1回のトイレ小休憩のみで

車を飛ばした

土曜日であったものの、GW前であったためか

幸い渋滞もほとんどなかった

何とか予定より2時間半早い午後6時20分に到着することが出来た



v0325.jpg





v0326.jpg



お知り合いのカップルさんには事前に色々と話を聞いていたが

予想以上に、かなりこじんまりとした旅館だった





受付で、貸切風呂の時間を決めてから

部屋を案内された

宿泊者の部屋は全て2階のようだ

通された部屋は「壱の間」であった



v0327 (2)



宿泊料なりで、決して広い部屋ではなかったが

清潔感があり、寝室は別部屋となっていた

室内風呂はないものの、ウォシュレットトイレと洗面所があった

新穂高温泉の某有名旅館では、宿泊料はここより高いにも関わらず

部屋も1つのみで、トイレ・洗面は共用である

そこに比べればはるかにリーズナブルである



v0327.jpg





v0328.jpg



窓の外には

ご主人の手作りの中庭と桜そして白い雪を纏った山々が



v0329.jpg




なかなかの風情だ

この旅館は電気設備、水道管、ガス管、リフォームなど

そして巨大露天風呂までもほとんどがご主人の手作りだそうで

凄いの一言

食事も独学で全てご夫婦での手作りだそうだ

しかも、混浴に対しての思いやりも高く

私達には有難いことである



遅い到着だったので、先に食事をと言われ

1階にある食事処へ



v0330.jpg






v0331.jpg





v0332.jpg





v0333.jpg



食事床は完全個室になっており

全部で6部屋あった


v0334.jpg


後に2階の客室も6部屋であった


何と満室でも12人の宿である

それにしては広大な敷地には仰天だ

帰ってから、色々なブログを調べてみると7部屋となっていたが

リフォームで、1部屋少なくしたのかも



食事に関しては

一品ずつ細かい手を加えられており

手間がかかっているのが分かる



v0335 (2)





v0335.jpg





v0337.jpg





v0338.jpg




中でも飛騨牛のローストビーフは絶品だった



岩魚の焼き立てを頬張るYou

頭からボリボリと食べていた!(^^)!



v0339.jpg



定番の飛騨牛の朴葉味噌焼きは少々硬く感じられ


v0340.jpg




暖かいお蕎麦は色々と凝っているのが分かるものの

色々な味の癒合がアンバランスで私の口には合わなかった



v0341.jpg





v0342.jpg





v0343.jpg





v0344.jpg





v0345.jpg


全体としてはまあまあ合格点ということだった

ただ、宿泊料から考えると秀逸だろう




1階にある休憩所


v0346.jpg





v0347.jpg




2階にもあるのだが

無料の水・ほうじ茶・緑茶・麦茶それぞれ温冷の出るマシーン

これは非常に嬉しいサービスだ



v0350 (2)



コーヒーの機械も置かれているが

流石にこれは有料だった



v0351.jpg



湯上りの休憩所だ

だった広い部屋だった

ただ、こんなに少ない宿泊者には必要があるのだろうか

とも思ったが

長湯傾向にある女性を待つための心遣いの部屋なんだろう



v0350.jpg





v0352.jpg



部屋に戻るとすっかり夜の帳に

ちょっと不自然さも感じるが

とっても綺麗だ



v0353.jpg





v0356.jpg




さて、お腹も一杯となり

少し部屋でのんびりとした後

待ちに待った温泉へと・・・





(その2)



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

COMMENT 8

みうくま  2016, 05. 09 [Mon] 21:03

いい感じですね

谷旅館!
まだ未宿泊の宿です
予定到着時間よりも3時間近く早く着くって、かなりの瞬間移動ですね^_^
僕もそうですが(笑)

こじんまりとして個人を大切にする宿ですね
谷旅館のHPを見るよりも、Jさんのレポートの方が断然綺麗です分かりやすいですね
モデルももちろん素晴らしいし☆

今年は僕らも宿泊したいと思います!

次回のお風呂編も楽しみにしています!

Edit | Reply | 

たかたか  2016, 05. 09 [Mon] 23:11

綺麗な旅館には

素敵な女性が一層映えますね
施設内の画像もそのままHP用に貸してあげたらいかがでしょう
中庭は手が込んでる割にはちょっとガサツな感じがしますが
こんなところに1泊できたらいいなぁ
行かなくてもなんとなく泊まった気分になれそうです

Edit | Reply | 

ひで  2016, 05. 10 [Tue] 08:06

参考に

また、奥飛騨、穂高に行ってみたいので参考になります。

こじんまりしててけど、綺麗な旅館ですね。

俺たちには贅沢な1万6000円か~(>_<)

じゃらんのポイント貯めて頑張ろうかな

お風呂の記事楽しみにまってます。

Edit | Reply | 
J&You">

J&You  2016, 05. 10 [Tue] 17:28

みうくまさんへ


コメント有難うございます(^_-)-☆

渋滞さえ巻き込まれなければ、早く到着するのですがね~
特に、信号のない山道はかなり時間が短縮出来ますよね!

ここの温泉は、お忍びでのんびりと出来る温泉で、気兼ねせずに
写真が撮り放題だったので、とっても有難かったですよ。

あら、ここの温泉はあまり乗り気じゃ無かったのでは?
それとも、行くところが無くなってしまったのでしょうか(笑)
話のネタに一度は訪れてみて下さいね(^^♪

甲斐国もたくさん混浴はあるようですが、つまらなさそうな混浴も
多く、絞るのに苦労しています(*_*;

Edit | J&Youさん">Reply | 
J&You">

J&You  2016, 05. 10 [Tue] 17:33

たかたかさんへ

コメント有難うございます(^^♪

広大な敷地の中庭や露天風呂など、ご主人がほとんど1人で作ったという
ことだったので、ビックリでした(^_-)-☆
多少のアラには目をつむってあげたくなります!
女将さんの女性らしい観点の設備や装備もなかなかのものでした(^^♪

機会があれば、こちら方面にも是非!(^^)!

Edit | J&Youさん">Reply | 
J&You">

J&You  2016, 05. 10 [Tue] 17:35

ひでさんへ

コメント有難うございます(^_-)-☆

この温泉の真面目な紹介ブログは結構ヒットしますが、
混浴(ヌードあり)ブログはほとんどなかったので
新鮮に感じましたよ!

機会があれば、是非行ってみて下さい!

Edit | J&Youさん">Reply | 

たかたか  2016, 05. 11 [Wed] 00:22

そちら方面

1泊でいいから行ってみたいですね~
なにやら甲斐国に行かれるご予定とか
これからヌル湯のシーズンインですね
ご一緒したいけど日曜では難しいかなぁ
平日にも来てくださいませ~

Edit | Reply | 
J&You">

J&You  2016, 05. 12 [Thu] 09:46

たからかさんへ

コメント有難うございます(^_-)-☆

是非、機会を作って、こちらまで足を運んで下さい!

甲斐国へ予定していたのですが、ここは週末日帰り入浴不可の温泉が多いので
たくさんのところへ行けないのはとっても残念です((+_+))

私はここ20年以上、日祝日以外は休めていません(*_*;
それも月1回か2回しかないのですよ!
貧乏暇なし生活者なもので・・・(´・ω・`)

Edit | J&Youさん">Reply | 

WHAT'S NEW?