FC2ブログ

天高く馬肥ゆる秋(その1)

 11, 2015 11:05




天高く馬肥ゆる秋(その1)



今回は一般的なテルテル坊主


o7475.jpg




そのお蔭か

晴天の秋空の下での旅となった



今回は

富山県小川温泉

岐阜県新穂高温泉


走行距離1100kmの日帰り企画となった



深夜1時過ぎに出発

途中、富山県のサービスエリアで

鱒ずしと色々なご当地土産を購入



【小川温泉①】


以前から、お仲間のInさんが

ここの温泉を強く進めてくれていたので

この温泉へ行くこととなった

ただ、その日

新穂高温泉企画もあり

小川温泉を出て、新穂高温泉へ合流することにした



予定よりもかなり早い6時過ぎに到着

でも、日帰り温泉は9時からだ

車中で仮眠を取ろうと考えたが

お布団に入らなければ寝ることが出来ない私

携帯ゲームで時間を過ごす

8時過ぎになって

早めに入れないか直談判するために旅館のフロントへ



o7476.jpg





o7477.jpg



最初は頑として朝9時からと言い張ってくる

仕方がないので、待ち時間に

旅館の売店で可愛い猫の携帯電話用のポシェットなどを購入

すると、今からでも温泉に行ってもらっても構わないですよと

何と現金な・・・



早速、Youはポシェットに携帯電話を納めて

露天風呂へ進む



駐車場から川沿いに進んでいったところにあるようだ

旅館の中を通らず、かなり離れたところにあるので

料金を払わなくても入り放題だ(決してそんなことをしてはいけません!)



o7478.jpg





o7479.jpg





o7480.jpg



o7481.jpg





o7482.jpg





o7483.jpg





o7484.jpg



途中、橋を渡って山道を進むと

遠くの方にこじんまりとした小屋が見えた




o7485.jpg





o7486.jpg





o7487.jpg


男女別々の脱衣所

女性は横から温泉に入れるようになっている

女性には優しい?心使いのようだ



o7488.jpg





o7489.jpg





o7490 (2)





o7490 (3)





o7490 (4)



温泉はというと

想像していたよりも小ぶりの湯船

想像していたよりも浅い洞窟だった

ただ、前面がオープンでとっても開放的である

近くに猿山があり

この日は見かけなかったが

多くの猿がやってくるのだそうだ



ただ、夏場には大量のアブやブヨが発生するため注意が必要だとか


o7490.jpg





o7491.jpg





o7492.jpg





o7493 (2)



洞窟の上に源泉があり

その源泉から

この温泉の川上にある女性専用露天風呂やはるか離れた旅館に供給しているのだそうだ



この洞窟風呂は

源泉から洞窟状の所へ流れ落ちている

温泉成分が噴泉丘のように

岩盤にごつごつとした構造物を形成している



o7493 (3)





o7493 (4)





o7493 (5)





o7493 (6)


カルシウム成分も多いためだろうか

湯船はうろこ状の析出物で構成されている



o7493 (7)





o7493 (8)





o7493 (9)





o7493 (10)




誰も入浴客がいなかったので

川上にある女性専用露天風呂の写真をYouが撮ってきてくれた

混浴の洞窟風呂より広く

渓流に近いので、とってもロケーションが良い

両方、混浴風呂にすれば良いのにと



o7493.jpg





o7494 (2)





o7494 (3)





o7494.jpg





o7495.jpg





o7496.jpg




北陸新幹線が開通したため、温泉客がかなり増加したみたいなので

女性優位の昨今、難しいだろう




(その2)に続く


関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

COMMENT 0

WHAT'S NEW?