FC2ブログ

少しの勇気が実を結ぶ(その7)

 26, 2015 07:05




少しの勇気が実を結ぶ(その7)



【岩間温泉①】



今回のメインイベントである

石川県唯一の混浴露天風呂がある

先ほど行った親谷の湯も混浴だったが、今は無くなっており

後、2件ほど混浴はあるものの、全裸禁止である


岩間温泉元湯という混浴露天風呂である野湯

そして、その近くにある源泉から長距離のパイプで引いてきている

混浴露天風呂がある新岩間温泉山崎旅館

2つの温泉に浸かるのが今回の最大の目的だ


山崎旅館は雪のため、冬季は閉鎖されている

営業は通常5月から11月の6か月間だけの秘湯旅館である


岩間温泉元湯へは登山道が崩落していて、入れないという情報を得ていたので

事前に山崎旅館へ電話したところ

この年の営業は私達が行く丁度1週間前からやっと営業出来るようになるとのことだった

山崎旅館へ行く車道が崩落して、その復旧作業がようやく終了したばかりだと

岩間温泉元湯のことを聞いてみると

やはり、登山道が崩落しており、通行禁止になっているとのことだった

だた、岩間温泉元湯へは行った人がいると

ただし、登山に長けた人であり、常連さんであったと




山崎旅館の混浴露天風呂だけになる可能性が高いと思いつつ

岩間温泉元湯へも行ける所まで行こうと、心に秘めて・・・・


食事も山崎旅館で摂ろうと思って、聞いてみると

事前に予約が必要だということで、予約しておいた




旅館までの細い道を慎重に進み

丁度、予定時間に山崎旅館に到着した



o7079.jpg


予想以上に古い旅館だ


小熊がお出迎え


o7080 (2)



予約しておいた飛騨牛の朴葉味噌焼き定食が出てきた

天然ナメコ蕎麦などの田舎料理も出てきた

絶品だが、旅館自慢のご飯が格別だった



o7080.jpg





o7081.jpg




ここで、待ち合わせしていた

北陸地方在住のIn&CaさんのInさんと合流
(Caちゃんは都合で来られなかった)




旅館の人から

岩間温泉元湯へ行くのは無理ですという回答だった

もし、行かれるなら完全自己責任でと

何度も何度も念を押された



取りあえず、行けるところまで行こうという意思を持って出発

Inさんは10年以上前に行ったことがあるということだったが

今回は行くのを辞めようと提案してきた

でも

無理やり?同行して一緒に行くことに



o7083.jpg





o7086.jpg




駐車場でたむろしていた常連さん達にも

「無理だよ!」と何回も言われながら・・・


ゲートの所に到着すると

“立ち入り禁止”の立て看板とロープで閉鎖されていた



o7087.jpg




崩落した箇所の写真


o7088 (2)



2か所大崩落しているようだ



片道約1時間の登山道

途中まではセメントできっちりと整備されている

それほど、勾配の少ない登山道を進む

この登山道は白山の登山道の一つである



o7088.jpg





o7089.jpg




凄い峡谷で

登山道からの高さは300m以上あるようだ


o7090.jpg



途中ヘビも出迎えてくれた


o7091.jpg



対岸には、いくつか立派な無名滝も


o7092.jpg



この時は

全員笑顔のルンルン気分でハイキングのようにはしゃぎながら・・・



o7093.jpg




つい最近、補修工事が終わったばかりの現場


o7094.jpg




先ほど、写真で見た崩落個所もこういう状態になっていればと淡い期待を抱きながら



峡谷の素晴らしい景色を堪能しながら


o7095.jpg




(その8)に続く


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

COMMENT 2

 隼  2015, 10. 26 [Mon] 11:27

ウォッ!

あの崩落写真見せられたら誰だって躊躇しますよねーー

しかし、
自然の力は凄いですねーー

Edit | Reply | 
J&You">

J&You  2015, 10. 26 [Mon] 11:46

Re: ウォッ!

本当に悩みました(*_*;

ただ、皆を残して私1人でも突破するつもりでした。
リュックには当然、ロープを忍ばせて・・・

Edit | J&Youさん">Reply | 

WHAT'S NEW?