FC2ブログ

新穂高温泉と奇跡の出会いの数々(その9)

 05, 2015 07:55




新穂高温泉と奇跡の出会いの数々(その9)



【山のホテル②】


佳留萱山荘から

ホテルに戻って

お土産を大量に購入



o4977.jpg




部屋に戻ると

外は真っ暗

スローシャッターで景色を撮影



o4978.jpg





o4979.jpg





o4980.jpg




シャッターを押しながら

Youとの初の遠方旅行にきたのだと

改めて

感慨無量な気分に浸ってしまっている自分に気づいた




温水プールもあったが

誰一人入っていない



o4982 (2)




夕食まで、まどろみながら

浴衣に着替え



o4982.jpg





o4984.jpg






o4987.jpg




さて、待ちに待った夕食だ

意外に食の細い私とYou

前日の夕食から飲み物以外何も胃袋に入れていない



田舎のホテルの食事

あまり期待していなかった



ところが

前菜から全て平らげることが出来た



o4988.jpg





o4989.jpg





o4990.jpg





o4991.jpg




こういう旅館の食事は

残してしまうことが多いのだが




焼きたてのニジマスをとっても美味しそうに頬張るYou


o4992.jpg




特選飛騨牛にグレードアップしたステーキ

店員さんが、特別貴重な部位のお肉だから

タレではなく、わさびと塩で食べるように

わざわざ、わさびと塩を持ってきてくれた



o4993.jpg





o4994.jpg



口に入れると

しつこくない甘い脂身と肉汁が

口一杯に広がり、直ぐに溶けていく

絶品だ!!!

グレードアップした甲斐があった


その後

桜餅の椀物



o4995.jpg



釜飯とお吸い物などなど


最後にイチゴのプリンのデザート



o4996.jpg



満足のいく食事で、珍しくペロリと平らげていた



お腹も一杯になったところで

Hiさんに電話をかけた

向こうも食事を終えたところだった



食後、山のホテルの混浴露天風呂にご一緒することとなっていたのだ


山のホテルの露天風呂は宿泊者のみで外来入浴不可である

Youから敏腕交渉人と言われている私が

ホテル側と交渉を持った

最初は頑なに拒否されたが

何度も交渉していると

「原則、だめなので」という言葉を引き出すことに成功した

私にとって「原則」ということはOKと同意語である

その後は、あっさりと今回だけは特別にOKということに

めでたく、交渉成立!

追加料金も不要だった



(その10)に続く



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

COMMENT 0

WHAT'S NEW?